冠婚葬祭 出産・誕生

初宮参り

帯祝い

お七夜

食い初め

初正月

初誕生

初宮参り

初宮参りには、赤ちゃんに祝い着(のしめ)を着せ、おばあちゃんが抱っこして、お母さんと一緒にお参りをします。
日取りは男児は30か31日目、女児は31か32日目が一般的ですが、富山県では100日目にお参りすることが多いようです。男の子の祝い着は、一つ身の熨斗目(のしめ)紋付き、女の子の祝い着は、は、一つ身の絵羽織着物を着せます。
お母さんは、訪問着か附下、お婆ちゃんはお払いを受ける場合、附下紋つき付以上の着物で、付き添いのみならば家紋つきの色無地で良いでしょう。

帯祝い

帯祝いといは、おなかの中の赤ちゃんの無事な成長とお母さんになる妊婦さんの安産を祈る儀式です。妊娠5ヶ月目の頃の戌の日に、岩田帯といわれるさらし木綿か白い綿ネルを、七五三にちなんで七尺五寸三分(約2.3メートル)に断ち、端に紅で寿を書いて半分に折り目を下にして妊婦の下腹に巻きます。
日取は慎重に選ばれ、その年の恵方に向かって帯を巻くと良いとされています。また犬は安産とされていて、それにあやかるために戌の日にこの儀式を行うようです。

お七夜

お七夜とは、名づけ祝い、命名式といわれ、誕生後7日目に赤ちゃんに名前をつけ、白紙に書いて神棚や仏壇などに貼ってお祝いをすることです。
赤ちゃんが男の子ならば一つ身の紋付きに袴のセット、女の子ならば一つ身の訪問着に帯のセットを贈りましょう。
お祝いの際の着物は、両家とも附下が色無地が良いでしょう。

お食い初め

食い初めとは、箸初め、箸揃え、真名(まな)初め、百日(ももか)などといい、生後100日目か200日目(地方によっては110日目)に、子供が一生食べるものに不自由せず健やかに成長することを願って、初めてご飯を食べさせる祝いの行事です。

初正月

初正月は、赤ちゃんが生まれて初めて迎える正月のことです。男の子にはお母さんの実家から、木彫りや掛け軸の天神様が贈られます。赤ちゃんには、三つ身のアンサンブルなどを着せて初詣に出かけましょう。

初誕生

初めて迎える誕生日が初誕生です。お母さんの実家からは誕生の餅といって、一升のもちを贈り、主役の赤ちゃんに背負わせます。

着物の四季カレンダー(今の時期どの仕立て方の着物をきればいいの?)

洋服に夏物、冬物という区別があるように、着物にも「袷(あわせ)」や「単衣(ひとえ)」等、仕立て方や素材を、季節ごとに区別します。
参加される行事の日程に合わせて、その時期に相応しい着物選びを行いましょう。ご不明な点はお気軽に当店までお問い合わせ下さい。

きものブティック乃奈 本店 富山県富山市婦中町速星825
                   営業時間:10:00-19:00
 振袖ブティック乃奈 ファボーレ店 富山県富山市婦中町下轡田165-1
                   営業時間:10:00-21:00