冠婚葬祭 長寿

還暦(61歳)

古希(70歳)

喜寿(77歳)

傘寿(80歳)

米寿(88歳)

卒寿(90歳)

白寿(99歳)

100歳以上

還暦(61歳)

還暦は、数えで61歳になると生まれた年と同じ干支にかかり、「暦が一巡し赤ちゃんに戻る」という意味で赤い衣服(頭巾やちゃんちゃんこなど)を送る習慣がありますが、現在では実用性のある贈り物が人気のようです。 還暦祝いは、普通の誕生日祝いより盛大に行いましょう。 お祝いの主催者は、男性ならば紋付袴、女性は色留袖、訪問着、招待された方は、訪問着や附下が良いでしょう。主催者がどんな服装なのか分からない場合、家紋の入った色無地を着てゆけば失礼に当たりません。 還暦のお宮参りも色留袖又は訪問着が良いでしょう。

古希(70歳)

中国の詩人杜甫の詩「曲江」にある「人生七十古来稀也」からついた名称です。

喜寿(77歳)

喜の字を草書で書くと七十七と読めることから、喜寿とよばれるようになりました。お祝いとしては、喜寿は「喜の字の祝い」ともいわれ、子供や孫などが中心となって内輪でお祝いの会を催すのが一般的です。

傘寿(80歳)

傘の略字は八十と読めることから傘寿とよばれています。お祝いは、喜寿と同じように行う場合が多いですが、行う場合は高齢のため、本人の健康状態に合わせて行うのが良いでしょう。

米寿(88歳)

「米」の字をくずすと八十八と読めることに由来しています。黄(金茶)が長寿祝いの色とされています。お着物は訪問着か附け下げ、色無地に一つ紋のものが相応しいでしょう。

卒寿(90歳)

卒の略字は「卆」となり、九十と読めるところから、卒寿と名づけられました。お祝いは、他の長寿のお祝いと比べ、知名度は低いようで特別なお祝いをしない場合が多いようです。

白寿(99歳)

百の字から一をとると白になり、あと一歳で百歳になることから白寿とよばれています。 お祝いは、地方によって異なるようですが、白装束をつけてお祝いをする所もあるようです。

100歳以上

百歳以上のお祝いは、「百賀」を用い、百一歳は「百一賀の祝い」というようになります。 なかでも百八歳は「茶寿」、百十一歳は「皇寿」と呼ばれています。また百十歳を超えるのはとても珍しいので「珍寿」ともいわれます。

着物の四季カレンダー(今の時期どの仕立て方の着物をきればいいの?)

洋服に夏物、冬物という区別があるように、着物にも「袷(あわせ)」や「単衣(ひとえ)」等、仕立て方や素材を、季節ごとに区別します。
参加される行事の日程に合わせて、その時期に相応しい着物選びを行いましょう。ご不明な点はお気軽に当店までお問い合わせ下さい。

きものブティック乃奈 本店 富山県富山市婦中町速星825
                   営業時間:10:00-19:00
 振袖ブティック乃奈 ファボーレ店 富山県富山市婦中町下轡田165-1
                   営業時間:10:00-21:00